反省記別館

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 映画「K-19」見た | main | ゴッホ展とエターナルサンシャイン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
一言だけ
今日、本屋にてローレライ絵コンテを探し求めました。
目的のものはなかったのですが、なぜかとっくに売り切れたと思ったローレライコンプリートガイドが…。
ネットの販売でも売り切れ、メーカー切れとなっていた代物が、渋谷のTSU●AYAでは平積みの山積みになっていて目を疑いました。
結局絵コンテは別のところで入手した…これ、なかなかおもろい。
小説とも映画とも違う描き方をされていて、映像の作られていく過程をとらえるうえでとても興味深いです。

そんなわけでローレライ最近はまってるんですが、
映画を見た当初も、そして今でもひっかかる一場面があったのであえて記しておこうと思います。

(こっからは私が見て個人的に感じたことなんで、微妙な問題だけに色々感じ方あると思います。そこんとこご了承ください)

ローレライは、まあ大雑把に言えば、東京に第三の原爆が落とされるのを阻止する、という話です(大雑把すぎ)。
そんなわけで、原子爆弾そのものが戦闘機に積まれる場面も映画では描かれているのですが。
私の目が確かならば。
その原爆に、「Good bye Tokyo!」みたいなことが、書いてあるんですね。

正直、それはやっちゃいけないだろうと思った。

もしかして見間違いかな、と思って自分を無理やり納得させていたのですが、今回絵コンテを見てみて、原爆のラフ画のところに、そういうキャッチフレーズ入れるのもあり?って感じでまあ似たようなことが書いてあったんで、間違ってはないと思います。

史実として、たとえば広島や長崎に落とされた原爆に同じようなことが実際に書いてあったのならばなんだかんだは言えません。
でも、ないならば、ノリとしてそういういたずらに反感をあおるような印象を与えてしまうことをするのは、軽率に過ぎるのではないかと思うのです。実際に、そう思ってた人がいたとしても。
何か考えがあってのことかもしれませんが、それは少なくとも感じ取れませんでした…ガイドとか見れば書いてあるの?でも、映画だけを見た人には伝わらないよね??
小説では、原爆を落とす側…アメリカ側の、飛行士たちの苦悩にも触れていました。それを考えれば、そもそもの物語が言わんとしたところも十分に伝わらない恐れもあると思います。

何かいてるかわからなくなってきた…なんかもうちょい書こうと思ってたんだけど??

そんなわけで、一番映画を見てもやもやとひっかかったのはそこだったのですが、ここまで書いて間違ったこと言っていたらどうしよう…という恐ろしいまでの迷いが頭をもたげてきました(-_-;;;|||)
基本的に弱気な私です…。

あまり集中砲火浴びると泣いちゃいますが、もしご指摘(間違ってるよ、など)ありましたら言っていただければと思いますm(__)m
でもあまり言われると泣きます(しつこいよって)


| zooty | 映画 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ぽーる (2005/04/15 9:46 AM)
長崎の原爆には、確か“A second kiss for Hirohito”ってペイントしてあったんじゃなかったかな。広島の方は知りません。
zooty (2005/04/15 10:12 AM)
あ、そうなんだ。
勉強不足でした…それをふまえたものだったのかな。ありがとうねー。









url: http://zooty.jugem.cc/trackback/104