反省記別館

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 浜離宮の桜 | main | ぐったり/ハーレー主催、ロブ・マチャド来日イベント >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
最近読んだ本三冊
★「下流社会 新たな階層集団の出現」三浦展/光文社新書

なんとなく。流行りにおされて読んでみた。
最初に思ったことは…なんか…この人、文章ヘタ…?っていう…。
なーんか読んでる途中でむかっとくるところが無きにしもあらずなんだけれど(笑)私はこのどこにも所属しねえぞこのヤロー!と反発したくなりますが。
だけれどもまあ結論を導きたいゆえのこじ付け的な部分(サンプル数の少なさは筆者も認めているところ)はあるけれども、ここに書かれていることはある意味では、実際に感じていることとして友達ともさんざん話していることだなあと。
あとがきに書かれている、ハードに働く人とそうでない人を分ける要因は何か。
っていう問題が、実は筆者が一番気になっていることじゃないのかなあと思う。
その答えはもしかしたら非常にデリケートな、人間の善の感覚からいったら不快なものかもしれない。だけれどもそこが基点となって、冒頭の問題提起につながっていってるんだろうな。

★「宇宙をうたう―天文学者が訪ねる歌びとの世界」海部宣男/中公新書

古代から現代に至るまで、人々は宇宙をどう捉えていたのか、ということを、和歌やおもろなどの歌、さらには建造物から読み取っていく本。
筆者は天体望遠鏡「すばる」の建設にかかわった天文学者。
万葉の時代にあれだけ自然を詠んだものが多いのに、星はほとんど題材にされていないというのはちょっと意外、そして理由を知って納得。時代の移り変わった江戸時代には、庶民が非常におおらかに星を詠んでいて心が和む。
日本語の豊かさを再認識した。
普通に読んでいたら「ほし」は「空に無数に輝く星々のどれか」という程度で流しちゃいそうだけれど、言葉や歌の詠まれた状況から、時間や季節を推測して、何星座の何々という星だろう、という見方をしているのはさすが天文学者で、より深く理解できた気になります。

★「わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」西林 克彦/光文社新書
「究極の分かったつもり人間」である私の胸に突き刺さるタイトル。
文章を読んで「わかった」というのがどういう状態か、どうすればより深く読めるのか、ということが、小学校の教科書などの易しい文章を例にとって、無駄のない読みやすい文章で書かれている。
この本の途中にも出てきたけど、段落に番号をふって読み解いていくの、よくやったな〜、小学生の時に!!
「この段落に対して、この段落とこの段落は並列の関係である、接続詞がなくても惑わされてはいけない…」みたいな。
そうやって考えると、私、小学生の時にそれなりの読解の基本は習ってたんだなあと今更ながらに実感。結局、その頃の知識(というか考え方)をベースに、大学受験まで乗り切ったもんなあ…国語に関しては…。
ありがとう中学受験勉強。単なる受験のテクニックじゃなくて、読解というものを教えていてくれたんですね。
この本、帯によるとドラゴン桜の中でも引き合いに出されていたようですが、ホント受験生にオススメですね。
また、文章をよりよく読むということは、分かりやすい文章を書くということにもつながってくると思うので、どうも文章を書くのがニガテ、って思う人も読んでみたら良いんじゃないでしょうか。→私のこと…。

| zooty | どくしょ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://zooty.jugem.cc/trackback/230